活用したいわきが対策の市販品の特徴と種類

夏の暑い季節だけではなく、冬の寒い時期にもわきの臭いが気になる、わきがじゃないかと悩む方もいるでしょう。わきが臭うと周りを不快にさせるのではないかと、悩みも深刻になってきます。では、わきがの原因とはどういったものなのでしょう。まずは体質によるものが挙げられます。両親など身近な親族がわきの臭いが強い場合、遺伝によって体臭が強くなることがあります。2つ目が、アポクリン汗腺の過剰な働きが挙げられます。3つ目に挙げられるのが、わき毛が濃いためです。わき毛がわきがと関係があるのかと疑問に抱く方もいるかとは思いますが、わき毛の中で常在菌が繁殖、活発化することでわきが臭を発生させます。このようにわきがになる原因は1つではなく複数あるため、どれが原因なのかを知って防ぐ対策をしていきましょう。

わきがを防ぐためにできる対策とは?

わきがを防ぐためには、わきが対策をすることが大切です。では、わきがを防ぐ対策にはどのようなものがあるでしょう。まずは体を清潔に保つようにしましょう。汗をかいたら拭く、シャワーやお風呂に浸かって汗や皮脂を落とすなど、清潔を保つようにしましょう。また、汗で服が濡れると、衣類から臭いがすることがあります。汗をかいたら着替えたり、衣類の臭い対策をすることでわきが臭を抑えることができます。2つ目は、普段の食生活を見直すようにしましょう。肉類や乳製品、油っこいものを頻繁に食べる方は、体臭がきつくなる傾向があります。栄養バランスを考え、適度に摂取するようにしましょう。この他にも、一年を通してわき毛の処理をする、通気性の良い素材の衣類を着るなど、わきが蒸れないように注意しましょう。

市販されているわきがケアアイテムを取り入れる

普段からできる対策に加え、市販されているわきがケアアイテムを使ってみるのもおすすめです。では、わきがケアアイテムにはどのようなものがあるでしょう。1つ目のアイテムは、わきがクリームです。クリームを直接肌に塗ることで、わきがの原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれます。また、クリームは肌に密着して汗をかいても落ちにくいため、こまめに塗り直す手間を省いてくれます。2つ目のアイテムは制汗剤です。制汗スプレーやロールオンタイプなどさまざまなものがあり、ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。このほかにも、汗で服が濡れるのを防ぐ脇パットの使用やデオドラント効果がある専用に石鹸を使うなど、市販されているわきがケアアイテムは多岐にわたります。これらのケアアイテムを使うときには、使用方法を守ってやりすぎないようにしていきましょう。