心をこめたお祝いの言葉を電報で伝えましょう

お世話になった人の結婚やお誕生日などのお祝い事の際、心からお祝いの言葉を伝えたいと考え、電報を贈るようにしています。インターネットが普及され、メールで手軽に言葉を伝えられるようになりましたが、やはり特別なお祝い事のときは、メールではなく祝電を贈ることで、より心のこもった言葉を残すことができるのではないかと考え、実行しています。また、利用方法も、今までは電話での申込みでしたが、今は電報サービスのインターネットサイトがあるので、より便利に利用できるようになりました。昨年、遠方に住んでいる知人が結婚したのですが、どうしても式に行くことができなかったため、祝電を贈ったのですが、その際もインターネットサイトを利用しました。台紙のデザインも豊富に揃っていて、祝電にふさわしい豪華なデザインもたくさんあったので選びやすかったです。後日、知人からお礼の電話をもらったのですが、とても素敵な祝電だったと喜んでもらうことができました。私自身もお世話になった知人の大切な日にお祝いの言葉をしっかり贈ることができて良かったと安堵しています。

もらうと嬉しい電報について

冠婚葬祭全てに当てはまることですが、電報をもらうと感謝の気持ちでいっぱいになります。後々に読み返すと勇気をもらえますし、送り手の人となりが最も表れる手段ではないでしょうか。メールやSNSにはない素晴らしさがあります。ぬいぐるみやフラワーが付いたタイプもありますし、入学式や合格祝いにも活用されています。文面も様々用意されていて、自由にアレンジを加えることが出来ます。料金も手頃な価格になっていて、スピーディーに送ることが出来る点も魅力ではないでしょうか。卒業式の際には、たくさんの電報が届けられます。一通一通に優しい想いが込められていて、受け取る側も胸に込み上げる感情があるのではないでしょうか。古くから伝わる日本の良さですが、今再び脚光を浴びています。若い世代の利用者が増えているので、伝統に目を向けるきっかけにもなるはずです。

友人の結婚式へ電報をおくりました

先日、小学校の時に同級生だった友人が結婚しました。結婚式にも招待してもらったのですが、子どもの学校行事と重なってしまったのでどうしても行くことができませんでした。ですが、せめてお祝いの気持ちを伝えようとおもい、電報を贈ることにしました。どんなものがあるのかと調べてみると、イメージしていたよりすごくたくさんの種類の祝電があることが分かりました。華やかなものも多く、結婚式にはぴったりのものがたくさんあり、迷ってしまうほどでした。いくつかのタイプで迷った結果、結婚式の衣装を着たテディベアのカップルの電報を選びました。ドレスと和装でも迷ったのですが、和装姿のテディベアはめずらしいかなとおもい、そちらを選びました。メッセージを添えて結婚式の会場へ届くようおくったのですが、友人は会場に飾ってくれていたようです。とても喜んでくれたので良かったです。

Comments are closed.